サラ金 審査 甘い

サラ金が長年の夢を叶えてくれました

年金生活に入ってすでに3年目になります。現役自体はゼネコンの営業マンをしてて、毎日接待に明け暮れる毎日、土日はゴルフで、年金生活に入ったらゆっくりして、自分のしたいことをすると決意しておりました。年金はずっと会社の年金を支払っていましたので、そこそこの金額が支給されることを期待していましたが、それほどでもなく、数十年会社のために身を削ってきたのにこの仕打ちか、と当時は大変悔しかったのですが、いまではその額でやっていくことも学んできました。子供が4人いるのですが、この数年の間に一気に結婚し、お祝いを渡したり、子供が生まれた時には、それはそれで別途お金を渡さねければならず、手元に残るお金はほとんどありません。仕事をしているときは接待以外にも飲みに行くのだけが趣味でしたので、結構散財したのもあるかもしれません。

いまでは飲みに行くこともぐっと減りましたが、実は妻を海外旅行に連れていってやろうと思って、そのことを切り出したところ、大変嬉しそうな様子でしたので、どこに行きたいか、と聞くと、ヨーロッパ、と言います。というのも彼女はいまでも友達と一緒に美術館巡りをするのが好きで、ヨーロッパの美術館を見てみたい、というのです。彼女は私がそういった手前、他の友達にもそのことを触れ回り始め、すぐに近所の人たちがみんな知っているという有様になっていまいました。なんだかまずいことになったな、と思いながらも、一度行った手前、自分の言葉を撤回する訳にもいかず、どうやって資金を準備しようかと考え始めました。

手始めにヨーロッパーのツアーってどのくらいかかるのか調べてみると、二人で行くとなると結構かかるんですね、そんなにデラックスなツアーでなくても、どうやら最低30万くらいかかることがわかり、これが二人となると最低でも60万、なかなか楽じゃないな、ということがわかりました。年金生活でこれだけの金額を準備するためにはどうすればいいかと考え、友人と相談したところ、サラ金で借りられるということを聞きました。わたしはサラ金にはあまりいいイメージを持っていなかったので、それはやめたほうがいいだろ、といったところ、友人は自分も借りたことがあるが、少額だったら別に問題なく借りられるし、返済もそんなに大変じゃなかったとのこと、しかし、わたしはイマイチ腑に落ちず、しかも借りるなら銀行のほうがいいんじゃないのか、という考えを持っていたので、帰ったらもう少し熟考することにしました。

直接銀行に赴いて話を聞いたところ、私のような年金生活者にお金を貸すのはちょっと難しいとのことでした。若干予想はしていたのですが、実際に断られたときには若干がっかりしました。それで担当者の方に聞いたのですが、銀行は低い金利で融資を行うため、貸倒の危険を防ぐためどうしても審査が厳しくなりがちなんだとのこと、丁寧なお断りの言葉をいただきました。

そうだとしたら、仕方ない、サラ金か、と決意し、例の友人にどこで借りたのか聞いたら、大手のレイクを勧めてくれました。確かに金利は銀行より高め、でも、べらぼうに違うわけではないことがわかったので、やや不安になりながらも、電話し、年金生活者でも借りられるか、ときたら大丈夫ですとのこと、ほっと胸をなでおろし、審査の申し込みをしました。あとでわかったことですが、消費者金融だから年金生活者でも借りられて、銀行だったら絶対に受け付けてくれない、というような単純な図式ではないようです。実際には総量規制の関係で、消費者金融のほうが場合によっては年収を気にするようになっているという話も聞きます。とにかく、わたしの場合はレイクで審査を申し込み、そして無事に通り、その日のうちに50万円を振り込んでもらえました。

ただ、一般的に言ってサラ金と銀行を比べると明らかに金利が異なる以上、サラ金のほうが審査が甘いのは事実のようです。また多くの人は銀行での審査に通らなかったので、サラ金に来るわけですから、ここで銀行と同じ審査基準でシャットアウトしていたら、サラ金の存在意義も失われてしまうでしょう。

無事におかげさまで妻をヨーロッパ旅行に連れていくことができるだけの資金が準備でき、ハネムーン以来、妻とゆっくり過ごす時間がなかったので、本当にいい思い出になりました。サラ金、サラ金というといいイメージを持たれない方も多いと思いますが、あとのときレイクさんが貸してくださらなければ、このヨーロッパ旅行は実現しなかったように思います。そういう意味で、わたしはサラ金に感謝しております。

サラ金業者からの借金に潜む危険性

近年サラ金業者のイメージはだいぶ明るいものになって来ていますね。テレビCMなどで放送されていたり、銀行系のローンなども出て来ていますし、法律も改定されて金利もだいぶ下がってきていると言うのも事実です。ですが、やはりサラ金でお金を借りると言うのは、かなり危険だと言う認識を持っていなければならないのも事実です。

銀行のローンなどと比べると、だいぶ法律改定されて金利が下がってきてるとは言え、かなり高い利息を支払う事になっています。そして大抵の場合リボ払いと言って、1ヶ月幾らまでの支払いでいいよと言う甘い言葉に誘われてリボ払いを選択して、毎月支払いをしてるのに借金の元本が全く減らないと言う事態に陥ってる人が沢山出てきています。

更に、少し減って来た頃にサラ金業者から連絡があり、とっても良い金利で幾らまで借りられるので如何でしょうか。などと美味しい話を持ちかけ、永久に借金が終わらないようにされてしまうのです。その罠地獄に陥ってしまうと、かなり危険な状態と言えます。借金地獄のループの始まりです。そんな話に乗らない為にも、借金はとっても危険な事と言う認識を持ち、どうしても借りてしまった場合は仕方無いにしても、それ以上借金を増やさないようにするべきでしょう。そして、リボ払いは大変危険なものであると言う認識を持ちましょう。借金を返済してる金額のうち、幾らが元本なのかをまず調べてみる事をお勧めします。事実を知ってショックを受けるはずです。まずは自分の借金をきちんと知る事から始めてみると良いかもしれません。

ヤミ金から債権譲渡と聞いて慌てない為に身に着けておくべき知識

そもそもヤミ金の債権譲渡とは何でしょうか?有名どころの消費者金融業者から借りてる人が、返済期限を過ぎても返さなくなったり取り立てが難しくなって来た時に、そっくりそのままその人の借金をヤミ金に売ったりする場合があります。大手の消費者金融業者は、法律に引っかかる為に取立てはあまり厳しく出来ませんので、そうする事が良くあります。つまり債権譲渡とは、別の業者に借金を取り立てる権利を与える事と言う事になります。

債権譲渡が行われるのは、ヤミ金業者同士では一般的で首が回らなくなった借金をしてる人をカモにして架空の取立てをするような悪徳業者まで出てきてるので、注意が必要です。借金を返してる側としても、多重債務になりどこから幾ら借りてるか解らないようなそんな状態になると判断能力も欠如してきます。その隙を狙われてしまうのです。

新たな業者に債権譲渡をして、莫大な金額の取立てが開始されて、債権譲渡をされたと自称する業者のカモとなってしまいます。万が一そういう連絡が来たら、有効な債権譲渡なのかきちんと調べる必要があります。あちこちから借金をしていて、借金を返済する為にヤミs金からの借金を繰り返してるような場合は、情報が業者間で回ってて大変危険な状態にさらされている為に、一度専門家に相談に行く事をお勧めします。幾ら専門家への賃金を支払ったとしても、今の状態より悪くなると言う事は絶対にありません。いずれにしても、債権譲渡などと言うお知らせが来たと言う事は、かなりやばい状況に自分が置かれていると言う事を認識するべきです。

サラ金からの借金取立て電話におびえない為に

サラ金と一口に言っても、色々な会社があります。法的にきちんとしてる会社から、ぎりぎりの所で貸し金を行ってる会社、そして法律違反を犯しながら営業してる会社と様々です。あまりにもおいしすぎるうたい文句を売りにしてる所には注意が必要です。こちらの状況を何も確認せずに、すぐに融資しますと言ってきたり、最初から大金を貸してくれるなどと言ってくる業者などです。

そういう所と契約すると、問答無用で高い利率で契約されています。何パーセントとは言って来ないはずなので、自分で計算してみるしかありません。そして、払えるはずも無い高い利息での契約なので、支払いが滞り、サラ金からの取立ての電話が毎日のように掛かって来るようになるのです。無視をしてると、近親者にまで取り立ての電話が掛かって来ます。なぜ近親者まで電話が掛かってくるのでしょう?最初に契約をした時に、緊急連絡先などとして、何件か電話番号を書かされているはずです。そこに容赦無く電話を掛けてきていると言うことです。

取立て電話が一度始まると、返済するまで永久に電話が掛かってくる事になります。そして精神的におかしくなってしまう人も多く問題になってます。そんな取立て電話に怯えない為にも、お金を借りる時は業者をきちんと調べてから借りるべきです。すぐにお金を用意して貰えるからと言って、怪しい業者からの借り入れは避けるべきです。そして、借りる時に、ここまでなら返せると言う額をきちんと計算して借りましょう。取立て電話の始まりが、地獄の人生の入り口とも言われてる位なので、何事も計画を立てて行う癖を付けていきましょう。そして、万が一取り立て電話が来たら、きちんと返済を行う事。法外な利息を支払ってるようであれば、過払い分の返還請求を行うと言う事が出来ますので、逃げずに立ち向かう勇気を持ちましょう。

借主に生命保険をかける闇金業者の実態

サラ金規制法により、貸し金業者が借主に生命保険をかけさせる事が禁止となりました。一昔前までは、最終手段として、普通に生命保険を掛ける事が行われていたようです。ですが、勿論殺人罪となってしまいますので、直接業者が手を下すなんて事は絶対にありません。ジワジワと精神的に追い込んでいくと言う手段を使っていた模様です。取立てを行っているうちに、精神的に追い込まれてしまうと言う言い方の方が正しいかもしれません。

ただし、生命保険でも自殺による死亡の場合、入って数年間は保険金が支払われないなどと言う規制が出来てますので、一筋縄には行かないでしょう。それを知らずに多重債務で首が回らなくなり、家族の為に死を選ぶ一家の主なども沢山います。自分がいなくなれば家族がこの苦しみから解放されると思っての事でしょう。

今では、大手の貸金業者では、借主に生命保険を掛けさせるなんて事は規制で出来なくなりましたが、それでもまだ闇金の間ではそのような事が行われているのが事実です。闇金でお金を借りようと思う人と言うのは、もうどこでも貸してもらえない状態で今日明日のお金に困ってるそんな人達です。どうしても借りられなくては困るような状態なので、言われるがままに生命保険に入ってしまったりするのです。それでお金が今すぐ手に入るとなれば、窮地の状態に追い込まれればやってしまいますね。法律上禁止されていても、こうした業者がまだ未だに存在してるのも事実なのです。

ここまで追い込まれると言う事は、借金を家族に内緒にしてる人と言うのが大多数の為に、首が回らなくなる前に家族に借金を話すなどの処置を取りましょう。自分ひとりで抱え込むとろくな事になりません。生命保険に入って自殺しようなんて考えで家族を救う事なんて出来ないからです。

必ずやるべき過払い金返還請求の方法

2008年にみなし返済制度の廃止により、消費者金融に過払いした分の返済請求が出来るようになりました。みなし返済制度とは何でしょうか。出資法の上限である金利と、利息制限法による金利との間に、幅がありその部分の金利を支払う事をみなし返済と呼んでいます。つまり出資法の上限金利から、利息制限法による金利を引いたものがみなし返済金利になります。債務者がその多く払ってた部分の金利を返還請求すれば取り戻せるようになったのです。現在の金利は、利息制限法による金利になっていますが、過去に支払ってきた分の金利分は無くなる訳では無い為に、その部分を取り戻せると言う事になります。

一番取り戻しやすいのが、借金を全て完済し終わった方達です。申し出をすれば、払いすぎた分は貸金業者がOKすれば取り戻すことが出来ます。サラ金などの業者からの借金だけでは無く、クレジットのキャッシング枠を使っての借金もみなし返済分がある場合は返還請求できるので、申し出てみるべきでしょう。現在支払い中であっても、その部分の金利がある場合は返ってくる場合もある為に、きちんと整理しておく事をお勧めします。

現在は以前のような高い利息を取ってお金を貸す事が不可能なので、おかしいと思ったらすぐに相談するべきです。そして、過払い金返還請求をしてくれる専門家にお願いするのが一番の近道でしょう。自分でやろうとしても、うまく行かなかったり、専門家に相談料を支払ったとしても専門家に頼んだ方が手元に返ってくるお金は多かったりするものです。いずれにしても、法律が改定されてこういう事が出来るようになったと言う事を知ってると言うだけでだいぶ得をする事なので、まず一度プロに相談してみるのも良いでしょう。

郵便物で家族に内緒のサラ金からの借金発覚を防ぐ為にする事

家族や旦那に内緒で借りた借金があり、いつ連絡が来るのか、いつ郵便が送られてくるのかとびくびくしながら毎日を過ごす事にも成りかねません。そんな生活は体に良い訳ありませんよね。

きちんと毎月決まった額の支払いを滞らずに行ってれば、まずサラ金業者から連絡が来る事はありません。お金を借りる時に内緒である事をきちんと相談して置けば、会社側で気を使って頂けるはずです。例えば、どうしても重要な連絡事項がある時は、この時間帯のみ電話して良い事にしておくなど、家族がいない間を指定して電話して貰うと言う約束をする事も可能です。また、メールでの連絡にして欲しいと言う要望を伝えたりなど、会社によっては臨機応変に対応して頂けます。

また、郵便物なども郵便局止めで送って貰うと言う方法を取る事も出来ます。個人名で送って貰ったりなど、気を使ってくれるところが増えてきています。郵便物で借金が発覚してしまうと言う事例も多々ある為に、会社側も最近工夫を凝らすようになってきました。貸す側からしても、長く貸していたいと言うのが本音なので、出来る限り秘密厳守に勤めるでしょう。秘密でお金を借りる時には、最初にその事を伝えておくと言う事ですね。

ただ、返済が滞った場合などはその限りではありません。返済が滞ったなどの時は、借りてる側に問題が生じた時の為に、その限りでは無いと言う約束が最初になされるので、返済期限は必ず守ると言う事を肝に銘じておくべきです。

地獄の入り口である闇金業者に手を出す前に

総量規制が始まってから、お金を借りるのが難しくなって来ましたね。収入の3分の1までしか借りる事が出来ない為に、今まで金融業者からお金を借りて何とか生活してきた人には、かなりの痛手と成ってのでは無いでしょうか。

主婦などの場合は、収入がありませんので今までみたいに借金を新規にする事がかなり難しくなって来ました。そんな時に、誰でも借りられる、ブラックリストに載っていてもOKなどと言う広告に目が言ってしまったと言う経験はありませんか?

誰でも借りられると言う事は、それ相応の利息を払わなければいけない危ない所なんだと言う認識をまず持つべきですね。下手すると、利息だけ返し続けて元本が一切減らないどころか、どんどん増えていってしまうと言う事にも成りかねない法外な利息を請求してきたりする所も多々あります。借金を返す為にまた借金を繰り返してるうちに、多重債務者になり相当な額の借金を知らないうちに背負ってるなんて事になってしまっています。本人はちゃんと返してるんだから減ってるだろうと勝手に思ってますが、全く減ってないどころか増えてるのですから、借金を返す為の借金を闇金からした時点で地獄は始まってる訳です。

そうならない為にも、自分ひとりでどうしょうも成らなくなったらすぐに家族に相談するべきです。家族が何かしら解決策を提示してくれるかもしれませんし、何か手助けをしてくれるかもしれません。もっと金利の安い所にもしかしたら借り換えが可能になるかもしれません。闇金からお金を借りる事は、はっきり言ってとっても簡単な事ですが、安易に手を出さないようにしましょう。

十一からの借金苦で夜逃げを決意する前に読むべき記事

夜逃げをすれば借金苦から解放されると思いますか?答えはノーです。夜逃げしたからと言って、借金が帳消しになる訳では無いからです。

隠れていれば見つからないだろうとお思いの方も沢山いるのでは無いでしょうか。時効が訪れるまで、住民票も移さずにどこかに潜んでいてもう大丈夫かなと思って住民票を移した途端に、借金の取立てがやってくるなんて言うのも良くある話です。本人が時効かなと思っていても、時効の中断の手続きを貸し金業者が行っていれば、その時点で時効になっていないからです。

借金の取り立てに苦しんで夜逃げをして、夜逃げ先でもいつ取り立てにくるかもしれないと言う不安を抱えながら暮らす生活は、精神衛生上良い訳がありません。ローンも組めなければ、役所への届出をしてないので、行政のサービスも何も受けられません。子供がいる場合は地獄を見る事になります。

そういう事にならない為にも、夜逃げを考える前に借金の任意整理などをするべきでしょう。信頼できる所に相談し、自分の出来る範囲で返済して行けるように段取りして貰う事が出来るかもしれません。手遅れになる前に、そして夜逃げを考える前にまずは信頼できる所に相談してみてください。一人で考えてた時には思いつきもしなかった案が浮かぶかもしれませんし、その道のプロに相談すれば、良い解決策が見つかる事でしょう。夜逃げによって、人生を無駄にする、一生隠れて潜んで暮らす人生を考えたら、相談する事なんて簡単な事ではありませんか。

サラ金からの借り入れがあっても車のローンは組めるか

サラ金などからの借り入れがあっても、どうしても車を買いたい、買わなくてはいけない状況も出てくるかと思います。借金があるから、車のローンを組むのは無理だと諦めていませんか?実は、サラ金からの借金があっても、車のローンを組む事は可能です。

だからと言って、どこのローン会社でも使えると言う訳ではありません。ローン会社によっては、審査がとても厳しい所もあり、サラ金を利用していると言うだけで、即審査が落ちてしまう所も多数存在しています。サラ金などの借金が審査基準に入っていないローン会社もあるので、そこを狙えば車のローンを通す事が出来るのです。

そうは言っても、サラ金からの借金があると言う事は、返済能力が低いと言う事になりますので、保証人が必要になったりする場合があります。そして、普通よりも少し高めの金利でのローンとなったりです。ローン会社側としてもリスクを負う訳なので、当然と言えば当然ですね。

大体車を売る車屋さん側でも、ここのローン会社だったら借金がある人でも通りやすいなどと言う情報を持ってるので、本気で車を購入したいのならば、正直に車やさんの方に話すべきでしょう。車屋さん側としても、車が売れた方が良いので色々と力になってくれるでしょう。そして、必ず返済できる範囲での支払額を設定しましょう。一本化してしまうのも一つの手なので、一本化出来るようであれば、一本化も一つの選択肢として考慮に入れておくべきでしょう。

借りる人は必ず知らないと損するサラ金規制法

サラ金規制法が施行された事により、かなり助けられた方が多いのでは無いでしょうか。ただし、その事について知らなくて損してる方達もかなり多いのも事実です。サラ金業者側からは、わざわざ自分達が損するような情報を大事なお客様に流したりしませんので、自分自身が得をするようなそういう情報には、敏感にならなくてはいけません。

まず第一に法外な利息がNGとなりました。グレーゾーン金利と言われてる部分の支払い過ぎてる金利分を返して貰う事が出来るようになったと言う事です。これが一番大きな問題では無いでよすか。この事により、だいぶ支払う分の金額が減るでしょう。そして、借金の取立ての時間帯が、朝9時から夜8時を超えては出来なくなったと言う事。そして、債務者の自殺により借金の弁済が出来なくなったと言う事。法外な利息を付けての貸し金は、行政処分の対象となるようになったと言う事。ヤミ金融に対する罰則の最高刑を懲役5年から10年へ強化したと言う事などがあげられています。連帯保証人になっていない家族への借金の取り立ては禁止となりましたし、金額を家族にばらすなどと言う行為も禁止事項にあたります。職場への電話も、平穏な日常生活を脅かす事になり、その人の職場への立場も危うくなる為に禁止となりました。なお、債務整理を開始した人に対する借金の取立ては禁止されるようになりました。

借金をしてる市民の見方の法律と言えるでしょう。法外な利息などの支払ってしまった分は借金返済後も、期日以内であれば取り返す事が可能なので、面倒がらずに取り返すようにしましょう。専門家にお任せするのも一つの方法でしょう。